日記

『Time is money』

『私』という存在。。

さっき、お母さんに電話をした。



お母さんには、


特に…


仕事で怒られて自分が

めちゃくちゃになった…とは言わずに。



なんでもない、日常の用事を話した。



お母さんは、電話を切る間際、

『元気そうで良かった…』と言っていた。


私も、

『お母さんも元気そうで、良かった』

って言った。



お母さんは、私が落ち込んでること、

わかったのかな。

それとも、わからなかったのかな。




私は、やっぱり、いつまで経っても、

お母さんの子供やね。。

(もう、親やってるんだけどね…)





また、泣けちゃう…